松山農園
689-0607 鳥取県東伯郡湯梨浜町原870
電話 080-5893-2725  090-6320-2583
http://strawberrycity.web.fc2.com/
  イチゴ狩りのご案内
   
本日は御来園いただきまことにありがとうございます。
さて、イチゴは大変デリケートですので大切に扱ってあげてください。
   
・いいイチゴの見分け方  へたが開いて赤くピカピカと輝いてくると食べごろです。
   
・イチゴの採り方  軸を左手で持ってイチゴを上向きに回転させるようにすると軸からイチゴが離れます。
       
・イチゴのおいしい食べ方 へたをとってへたのあったほうから一口でお口に放り込むと甘みと酸味が混ざり合ってあとくちがよくなります。
  へたはお渡しした袋の中に集めていただき後で回収いたします。
   
イチゴ狩りのお時間 当園は30分食べ放題です。十分に召し上がってください。
  でも収穫してのお持ち帰りは御遠慮願います。
   
イチゴ狩りの御注意 イチゴは大変デリケートでございます。無理にイチゴを引っ張るとイチゴの木がだめになってしまいます。また園内では走ったりしないでください。
  また、かばん等はイチゴの木に当たってしまいます。通路には持ちこまないでください。
   
みつばち 当ハウスではイチゴの花の交配をしてもらうためにミツバチを飼っています。強いにおいのするヘアースプレーや香水などには花のにおいと間違えて蜂が寄ってくる恐れがありますのでお避けください。
  蜂が近くにいても払ったりすると逆にミツバチの方が驚いて刺してくる事がありますのでゆったりとした動作でお願いいたします。
  働き蜂はすべてメスです。ミツバチは一度針を刺すと子宮が針に残ってしまい死んでしまいます。
  ミツバチはイチゴ作りには欠かせない大切なパートナーです。大事に扱ってやってください。
   
当園のイチゴ 当園のイチゴはとうもろこしやゴマや海草など人間が食べれるものを原料にした肥料を与えて大事に育てております。
  またイチゴのひとつの枝には通常12から15のイチゴが成りますが、大きなイチゴを作るため3つから4つまでに限定しております。
  そのため栄養が集中して大きな甘いイチゴになります。
   
戻る
inserted by FC2 system